日曜日, 11月 29オール三重で!テイクアウト&デリバリー&オンラインサービスを始めたオーナーを応援!

「家賃支援給付金」は7月受付スタートの予定!


今回の新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言等により、「売上が大幅に下がり、家賃の支払いがとても厳しい。」との声があちこちから上がりました。

そこで、家賃の負担を軽減することを⽬的として、テナント事業者に対して給付⾦を⽀給する「家賃支援給付金」の制度が盛り込まれた第2次補正予算が、6月12日に成立しました。

 

【家賃支援給付金】

家賃支援給付金 – 経済産業省

◆対象

令和2年5⽉〜12⽉において以下のいずれかに当てはまる中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等

①いずれか1カ⽉の売上⾼が前年同⽉⽐で50%以上減少
②連続する3カ⽉の売上⾼が前年同期⽐で30%以上減少

◆給付額

申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の6カ月分

給付率は2/3

法人:上限300万円(6か月分)※1か月分では50万円
個人事業主:上限150万円(6か月分)※1ヶ月分では25万円

※複数店舗を所有する場合など、家賃の総⽀払い額が⾼い者を考慮して、上限を超える場合の例外措置を設ける。⽀払家賃(⽉額)のうち給付上限超過額の1/3を給付することとし、給付上限額(⽉額)を法⼈100万円、個⼈事業者50万円に引き上げる。

【例】

個人事業主Aさん、カフェ経営、家賃12万円(1か月)
→給付額8万円×6か月=48万円

申請は原則オンラインとなる予定で、受付スタートは7月になる見込みです。

この後も、最新情報にご注目下さい。

 

投稿者:
高原社会保険労務士事務所Mie女性起業支援室

高原 祥子
プロフィール:三重県の女性起業家・企業家ビジネスプラットフォーム【wiz:】(ウィズ)